カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ネイルスクールはどう選ぶ?

最近では、ネイリストとして働く方の多くがネイルに関する資格を取得しています。
その理由としては、ネイリスト求人の中に資格を持っている人を優遇するという項目が見受けられるからです。
給与の面でも違いがありますし、何より即戦力のネイリストとして期待される分、
任される仕事の質も責任を伴ったものになります。
今回は、ネイルの資格を取得するための選択肢として有望なネイルスクールの選び方について詳しく見ていきましょう。

ネイルスクールとはネイリストを目指す方々が通う学校のことです。
ネイルアートの方法やネイルケアの基本はもちろんのこと、
ネイリストとしての心構えや将来独立したときに役立つ経営のコツなど、
ネイリストに必要な素養を習得出来る場となっています。
資格取得のための講座も充実しており、プロの講師のもとで値いていな指導を受けられるのです。
そんなネイルスクールを選ぶ際には、授業の方法から選択するというのも一つの手段です。

ネイルスクールでは基本的に、高校までの学習と同様に、クラス単位で授業を受けることになります。
同じクラスの仲間と目標を一つにすることで連帯感が生まれますし、
学校が組んだカリキュラムに沿って進められるため講座の取り逃しといった可能性が少なくなります。
一方で大学のように、講座単位で授業を選択するという方式のネイルスクールも存在します。

こちらは、空き時間で自分の学習を進められますし、必要ではない授業を取らずに、
アルバイトなどをすることも出来ます。
どちらのスタイルが合っているかを見極めたうえで、スクールを選ぶ際の基準にしてください。
コースの内容でスクールを決めるという方法もあります。
どういうことかというと、ネイルスクールには資格取得に力を入れるコースや、
卒業後に自宅ネイルサロンを開きたい方のためのコースなど、
学習内容が異なる様々なコースが用意されているのです。
各スクールのコースを比較したうえで、自分が必要としているものを優先すれば、
自ずとスクールも絞り込まれることでしょう。

授業内容だけではなく、通い方によってもコースが用意されていることも少なくありません。
一週間のうち3回だけ夜間スクールに通うといったコースは、お仕事をされている方でも無理なく通うことが出来ます。
このコースの中で、さらに資格取得に力を入れたい場合は、そのような講座を選択していけば良いのです。
ネイリストとしてのビジョンが明確であるほど、スクール選びのための基準もハッキリするのです。
どんなネイリストになりたいのか、ネイリストとしてどのような仕事をしていきたいのかを考えながら、
ネイルスクールを探しましょう。

ネイリストとして働くまでの道のり

ネイリストという職業を夢見ているだけでは、実際に社会に出て働くのは困難といえます。
どのような道筋を歩くべきかという地図を手に入れたうえで、しっかりと準備を重ねてから歩きださなくてはいけません。
今回は、ネイリストを目指す皆さんに必須の知識である、ネイリストになるための道筋について詳しくご紹介します。
現代において、ネイリストと資格は切っても切り離せない関係にあるといえます。
国家試験の突破や免許の取得が必要とされていないネイリスト職業において、
その人の技術や知識に関する唯一の証となるのが資格なのです。
JNECやJNAが主催する検定試験を経て、資格を取得することがネイリストとして認められるための第一歩となります。
資格を取得する方法は大きく分けて3つあります。

1つは独学ですが、ネイリストは専門的ない知識が必要とされますし、技能試験もあるのであまりおすすめ出来ません。
次の方法はネイルスクールと呼ばれるネイリスト養成学校に通うというものです。
費用は掛かりますが、同じ夢を目指す仲間たちと、
講師の力を借りながら資格の取得と技術の研磨に繋がるカリキュラムを消化していきます。
通学の必要がありますが、プロである講師の技術を間近で見られるだけでなく、
実際に人の手に触れて実技を行えるというメリットは見逃せません。

2つ目の方法としてはネイリストを目指す人のための通信講座を受けるというものです。
仕事や介護、育児でスクールに通うのが難しいという方でも、自分のペースで学習を進められます。
実技の勉強に関しても、SNSやDVDを用いたサービスでカバーしてくれるところもあるので、
通信講座だからといって必ずしもスクールの劣っているとはいえません。
上記のような資格を習得したら、今度はネイリスト求人を探すことになります。
ネイリスト求人はハローワークや求人情報サイト、求人雑誌といった様々な場所で目にすることが出来ます。

また、ネイルに関連するショップやネイルサロンに直接求人の案内を出しているところもあるので、
ネイリストを目指す人は足を運んでみましょう。
ネイリスト求人で見るべきなのは、給与や福利厚生、
そして、ネイリストとしての働き方に関する項目です。

ネイリスト志望なら要チェック!後悔しないネイルサロン求人の選び方

研修中は給料が出ない、お客の予約数に合わせた歩合制など、
ネイリストとして働き続けるのが困難と思われる条件を出している職場は敬遠しても問題ありません。
せっかく資格を取得したにも関わらず、仕事自体が続けられないほど厳しい環境に身を置く必要はどこにもないからです。
面接や実技などの試験を経て、ようやくネイリストとして就職することになります。
長い工程ではありますが、目標を持ってネイリストへの道のりを歩きだしましょう。

資格を取る意味とは

ネイリストを目指すためにいくつものネイリスト求人を比較してみると、
ネイリストに関する一つの事実に気づく人もいると思います。
それは、ネイリストという職業に資格が必ずしも必要ではないという点です。
しかし実際は、ネイリストを目指す人の多くが資格を取得しているのです。
今回は、ネイリストにとって資格はどのような意味を持つのかについて詳しく見ていきましょう。

ネイリストは警察官や医師といった国家試験を受けなくてはなれない職業ではありません。
美容師のような免許制でもないので、誰であってもネイリストして働き始めることが可能な職業です。
ネイリストとして活躍している人の中には、資格を一切取得することなく
ネイルサロンなどで働きながら技術を身に着けてきたという人もいることでしょう。
昔はネイリストという職業がそこまで認知されておらず、
ネイルアートに関する知識や技能も今の水準に追い付いていませんでした。

しかし現代は、個人でもネイルキットを購入することで、ネイルを飾り付けることが出来ます。
それでも人々がネイルサロンを訪れるのは、素人では難しいネイルをプロの手で施して欲しいという期待があるからです。
こうした時代の流れと共に、ネイリスト求人を取る人たちに求められるハードルも向上しました。
出来ることなら即戦力として働くことが可能なネイリストを雇いたいと考えているのです。
ネイルに関する資格は、ネイルサロンをはじめとしたネイリストが働く施設に対して、
技術や知識を目に見える形で保障する意味を持ちます。
資格を持っている人しか雇わないというわけではありませんが、
何人かの候補から絞り込むとき、資格の有無が大きな要素となるのは間違いない事実です。
こうした就職戦線の事情も考慮したうえで、ネイリストを目指す人たちは資格の取得に躍起になっているのです。

ネイル使途として働き始めることを目的とするのであれば、
JNECが主催するネイリスト技能検定試験を受けると良いでしょう。
こちらは1級から3級まであり、ネイリスト求人の中にはネイリスト技能検定2級以上取得している方は
優遇といった募集要項を見かけることもあります。
さらに上のレベルを目指すのであれば、ネイルスペシャリスト技能検定というものを受けましょう。
こちらはプロを対象としたものですから、就職の際にはここまでのレベルを要求されないこともしばしばです。
しかし、取得するまでの学習でネイリストとしての技能が上がりますし、蓄えた知識は無駄になりません。
ネイリスト求人を手に取る前に、資格を取得して就職活動を有利に進めていきましょう。

健康な爪のために

ネイリストを目指して日々勉強し、ネイリスト求人からネイリストとしての第一歩を踏み出そうと考えている人の中には、
頑張り過ぎるあまり自らの爪のケアが疎かになっている人がいるかもしれません。
爪は人体の一部であり、その状態によって身体の健康状態を判断することもあります。
今回は、ネイリストを目指す方なら知っておいていただきたい、爪のケアの方法について詳しく見ていきましょう。

最初に注意したいのは、デスクワークなどで同じ体勢を何時間も続けていないかという点です。
同じ体勢を持続するということは、筋肉が凝り固まることを意味します。
そうなると血行が悪化し、爪のような末端部位に栄養が行き渡りにくくなってしまうのです。
美しい爪を作るには適度に身体を解す、ウォーキングなどの有酸素運動で体内の血行を促進させるのが大切です。
バランスの良い食事で内臓の負担を軽減してあげるのも爪の美しさを向上させます。
内臓が働き過ぎていると、栄養を効率的に吸収するのが難しくなり、爪に届けられる栄養も減少する可能性があるのです。
タンパク質や資質、食物繊維に炭水化物といった栄養のバランスを考えて、様々な所屋品を口に入れるようにしましょう。
外的要因で爪を美しくしたいときは、基本のケアを繰り返すことが肝要といえます。

最初に行うべきは爪磨きです。
ネイリストを目指す方でしたら、爪磨きは欠かさないと思いますが、磨き過ぎには注意しましょう。
磨くということは表面を削ることになりますから、力を入れ過ぎると爪が薄くなってしまうのです。
マニキュアの前に爪に塗布するベースコートは、爪を外側からコーディングするだけでなく、ツヤも与えてくれます。
数日で剥がれてしまうので、定期的に塗り直すことを忘れないでください。
ビタミンや保湿成分が含まれたベースコートは、爪に栄養素を補給する効果が期待出来ます。
爪が乾燥している、手を使った仕事を毎日しているという人は、成分にこだわってベースコートを選びましょう。
プロのネイリストは、上記のようなケアに加えてさらに細かな施術で皆さんの爪を綺麗にしてくれます。
甘皮を綺麗に切り取るドライケアは、自分の手ですべての指をやるのは難しいですよね。

特に、利き手の人差し指などは道具を扱うのに必要不可欠ですから、どうしても他の人にやってもらう必要があります。
ネイリストはその道のプロですから、安心して任せることが出来るのです。
爪の表皮、いわゆるルーススキンと呼ばれる部位を剥がすケアは、素人にはなかなか難しい施術です。
ルーススキンを剥がすことで爪の新陳代謝を促すことが出来るのですが、剥がし過ぎると爪を傷つけてしまうのです。
ネイリストを目指す方は、ご紹介したような方法でご自身の爪をケアしていきましょう。

ネイリストとはどんな仕事か

ネイリスト求人を手に取ろうと考えている皆さんにとって、ネイリストという仕事は当たり前の存在かもしれません。
しかし、実際にネイリストがどのような業務をしているのか間近で見たことがある人はどれだけいるでしょうか?
今回は、ネイリストの業務の流れや、具体的な仕事の内容について詳しく見ていきましょう。

ネイリストが働くのは、ネイルサロンをはじめとした美容関連の施設が多いといえます。
ネイルとその他の美容施術、例えばヘアカットやエステなどを比較したとき、一番の違いはセルフケアが出来るかという点です。
ネイルの場合はヘアカットやエステに比べて、お客の側で可能な部分が多い施術といえます。
マニキュアを塗ったり、爪の形を整えたりするという作業は、道具さえあれば一般の人でも充分に取り組めます。
セルフケアがある程度出来るのに、わざわざネイリストのところまで来てくれたお客に、ネイリストに任せてよかったと思ってもらえるようなケアを施すことがネイリストの目指すべき水準なのです。
そのため、ネイリストは爪切りや甘皮の処理といったケアも一切手を抜くことなく行う必要があります。

お客の手や指の形を見ながら、全体のバランスを考慮しつつ爪を整えるのです。
爪や指を保湿するクリームを塗り込み、感想を防止するのも大切な仕事といえます。
こうしたケアを下地にしながら、ネイリストはジェルネイルやスカルプチュアといった付け爪をお客に指にデザインしていくのです。
ネイルチップの見本を提示してお客にデザインを選んでもらうこともありますし、カウンセリングの中でこういったデザインにして欲しいという要望があれば、ネイリストがその場でイメージしたコンセプトを表現します。
爪を彩る技術はもちろんのこと、お客がリラックスして過ごせるような雰囲気を作り上げる話術や態度もネイリストには不可欠なのです。

ネイリストの多くが就職することになるネイルサロンでは、接客以外にも様々な業務を抱えています。
店の掃除やインテリアの管理は、お客に気持ち良く過ごしてもらう環境づくりの一環です。
開店準備の合間に、ダイレクトメールを書くといった顧客の呼び込み業務もあります。
ネイリスト同時で顧客の情報をやり取りし、爪に関するカルテを出すのも開店前に大切な仕事です。
ネイルサロンが閉店したら、清掃や売り上げの勘定が待っています。
さらには、ネイルの練習会をして技術を高め合うネイルサロンも存在するのです。
単に爪を飾り付けるだけでなく、ネイリストとしての誇りを持ってお客と向き合うのが、ネイルのプロに欠かせない心構えなのです。