ネイリストとはどんな仕事か

ネイリスト求人を手に取ろうと考えている皆さんにとって、ネイリストという仕事は当たり前の存在かもしれません。
しかし、実際にネイリストがどのような業務をしているのか間近で見たことがある人はどれだけいるでしょうか?
今回は、ネイリストの業務の流れや、具体的な仕事の内容について詳しく見ていきましょう。

ネイリストが働くのは、ネイルサロンをはじめとした美容関連の施設が多いといえます。
ネイルとその他の美容施術、例えばヘアカットやエステなどを比較したとき、一番の違いはセルフケアが出来るかという点です。
ネイルの場合はヘアカットやエステに比べて、お客の側で可能な部分が多い施術といえます。
マニキュアを塗ったり、爪の形を整えたりするという作業は、道具さえあれば一般の人でも充分に取り組めます。
セルフケアがある程度出来るのに、わざわざネイリストのところまで来てくれたお客に、ネイリストに任せてよかったと思ってもらえるようなケアを施すことがネイリストの目指すべき水準なのです。
そのため、ネイリストは爪切りや甘皮の処理といったケアも一切手を抜くことなく行う必要があります。

お客の手や指の形を見ながら、全体のバランスを考慮しつつ爪を整えるのです。
爪や指を保湿するクリームを塗り込み、感想を防止するのも大切な仕事といえます。
こうしたケアを下地にしながら、ネイリストはジェルネイルやスカルプチュアといった付け爪をお客に指にデザインしていくのです。
ネイルチップの見本を提示してお客にデザインを選んでもらうこともありますし、カウンセリングの中でこういったデザインにして欲しいという要望があれば、ネイリストがその場でイメージしたコンセプトを表現します。
爪を彩る技術はもちろんのこと、お客がリラックスして過ごせるような雰囲気を作り上げる話術や態度もネイリストには不可欠なのです。

ネイリストの多くが就職することになるネイルサロンでは、接客以外にも様々な業務を抱えています。
店の掃除やインテリアの管理は、お客に気持ち良く過ごしてもらう環境づくりの一環です。
開店準備の合間に、ダイレクトメールを書くといった顧客の呼び込み業務もあります。
ネイリスト同時で顧客の情報をやり取りし、爪に関するカルテを出すのも開店前に大切な仕事です。
ネイルサロンが閉店したら、清掃や売り上げの勘定が待っています。
さらには、ネイルの練習会をして技術を高め合うネイルサロンも存在するのです。
単に爪を飾り付けるだけでなく、ネイリストとしての誇りを持ってお客と向き合うのが、ネイルのプロに欠かせない心構えなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です