ネイリストとして働くまでの道のり

ネイリストという職業を夢見ているだけでは、実際に社会に出て働くのは困難といえます。
どのような道筋を歩くべきかという地図を手に入れたうえで、しっかりと準備を重ねてから歩きださなくてはいけません。
今回は、ネイリストを目指す皆さんに必須の知識である、ネイリストになるための道筋について詳しくご紹介します。
現代において、ネイリストと資格は切っても切り離せない関係にあるといえます。
国家試験の突破や免許の取得が必要とされていないネイリスト職業において、
その人の技術や知識に関する唯一の証となるのが資格なのです。
JNECやJNAが主催する検定試験を経て、資格を取得することがネイリストとして認められるための第一歩となります。
資格を取得する方法は大きく分けて3つあります。

1つは独学ですが、ネイリストは専門的ない知識が必要とされますし、技能試験もあるのであまりおすすめ出来ません。
次の方法はネイルスクールと呼ばれるネイリスト養成学校に通うというものです。
費用は掛かりますが、同じ夢を目指す仲間たちと、
講師の力を借りながら資格の取得と技術の研磨に繋がるカリキュラムを消化していきます。
通学の必要がありますが、プロである講師の技術を間近で見られるだけでなく、
実際に人の手に触れて実技を行えるというメリットは見逃せません。

2つ目の方法としてはネイリストを目指す人のための通信講座を受けるというものです。
仕事や介護、育児でスクールに通うのが難しいという方でも、自分のペースで学習を進められます。
実技の勉強に関しても、SNSやDVDを用いたサービスでカバーしてくれるところもあるので、
通信講座だからといって必ずしもスクールの劣っているとはいえません。
上記のような資格を習得したら、今度はネイリスト求人を探すことになります。
ネイリスト求人はハローワークや求人情報サイト、求人雑誌といった様々な場所で目にすることが出来ます。

また、ネイルに関連するショップやネイルサロンに直接求人の案内を出しているところもあるので、
ネイリストを目指す人は足を運んでみましょう。
ネイリスト求人で見るべきなのは、給与や福利厚生、
そして、ネイリストとしての働き方に関する項目です。

ネイリスト志望なら要チェック!後悔しないネイルサロン求人の選び方

研修中は給料が出ない、お客の予約数に合わせた歩合制など、
ネイリストとして働き続けるのが困難と思われる条件を出している職場は敬遠しても問題ありません。
せっかく資格を取得したにも関わらず、仕事自体が続けられないほど厳しい環境に身を置く必要はどこにもないからです。
面接や実技などの試験を経て、ようやくネイリストとして就職することになります。
長い工程ではありますが、目標を持ってネイリストへの道のりを歩きだしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です